パリ観光最新情報ブログ

43

今日のパリの天気は晴れ/曇り、最高気温18度、最低気温11度と予想されています。
今朝は昨日に比べると、肌寒くなっています。
日中・夜も昨日より気温が低くなるので、お出かけの際には少し厚めの羽織ものを持参されることをお勧めします。


本日も『パリ観光通訳ガイド ドットコム』パリオフィスよりパリ観光に役立つ情報をお送りします。
皆様のパリ観光のお役に立てば幸いです。

● 閉鎖されているパリ市内の駅

- 4番線:
レオミュール・セバストポル駅( Réaumur-Sébastopol)  (※工事のため11月26日まで)

- 12番線:
トリニテ・デティエンヌ・ドルヴ駅 (Trinité-d'Estienne d'Orves)  (※工事のため11月30日まで)

- RER C :
ポン・ドゥ・ラルマ 駅(Pont de l'Alma)   (※工事のため12月31日まで)


●フランス注目のニュース

明日からフランスの公立学校は2週間のヴァカンスに入ります。

教育委員会によると『7週間学校⇒2週間ヴァカンス』のリズムが子供達には良いということです。
アンケート調査によると、10人中4人のフランス人は"ヴァカンスが来るのが早すぎる"と感じているようです。
ヴァカンス好きのフランス人の回答としては意外ですが、子供のヴァカンスについてはフランス人でもそう考えるのですね。


本日もお気を付けて楽しいパリ観光にお出かけください!
素晴らしい一日となりますように。

パリの日本語オプショナルツアー『パリ観光通訳ガイド ドットコム』パリオフィスより

今日のパリの天気は曇り/晴れ、最高気温21度、最低気温15度と予想されています。
この先20度越えをする日はないという予報です。
天気は曇りがちのようですが、外でも暖かいと感じながら観光できる今年最後の日となりそうです。
ぜひパリ観光を満喫してくださいね。


本日も『パリ観光通訳ガイド ドットコム』パリオフィスよりパリ観光に役立つ情報をお送りします。
皆様のパリ観光のお役に立てば幸いです。

● 閉鎖されているパリ市内の駅

- 4番線:
レオミュール・セバストポル駅( Réaumur-Sébastopol)  (※工事のため11月26日まで)

- 12番線:
トリニテ・デティエンヌ・ドルヴ駅 (Trinité-d'Estienne d'Orves)  (※工事のため11月30日まで)

- RER C :
ポン・ドゥ・ラルマ 駅(Pont de l'Alma)   (※工事のため12月31日まで)


本日もお気を付けて楽しいパリ観光にお出かけください!
素晴らしい一日となりますように。

パリの日本語オプショナルツアー『パリ観光通訳ガイド ドットコム』パリオフィスより


皆さんおはようございます!

今日のパリの天気は曇り/晴れ、最高気温22度、最低気温13度と予想されています。
午前中は、一時雨の予報が出ています。
今日から週末にかけて気温が下がり天気が少し崩れるようなので、体調管理には十分お気をつけください。


本日も『パリ観光通訳ガイド ドットコム』パリオフィスよりパリ観光に役立つ情報をお送りします。
皆様のパリ観光のお役に立てば幸いです。

● 閉鎖されているパリ市内の駅

- 4番線:
工事のため11月26日まで、レオミュール・セバストポル( Réaumur-Sébastopol) 駅は閉鎖されます。

- 12番線:
工事のため11月30日まで、トリニテ・デティエンヌ・ドルヴ (Trinité-d'Estienne d'Orves) 駅は閉鎖されています。

- RER C :
工事のため12月31日まで、ポン・ドゥ・ラルマ (Pont de l'Alma) 駅は閉鎖されています。


●フランス注目のニュース

明日出版される "L'Officiel des prénoms"(名前官報)で今年の名前ランキングが発表されます。

男の子の名前では、Gabriel (ガブリエル)、Raphaël (ラファエル)、Jules (ジュール)などが人気です。
女の子の名前では、Louise (ルイーズ)、Emma (エマ)、Jade (ジャド)などが上位になっています。

近年における男の子の名前の傾向としては、Nathan (ナタン)、Adam (アダム)、Eden (エデン)など旧約聖書に出てくる古めの名前も上位に上がっているようです。
その一方、女の子の傾向としては、Mia (ミア)、Julia (ジュリア)、Olivia (オリヴィア)、Victoria (ヴィクトリア)など、"-ia" で終わる名前もインターナショナルな感じで人気となっています。


本日もお気を付けて楽しいパリ観光にお出かけください!
素晴らしい一日となりますように。

パリの日本語オプショナルツアー『パリ観光通訳ガイド ドットコム』パリオフィスより




10月4日にルイ・ヴィトンの新店舗がパリのヴァンドーム広場にオープンしました。
『太陽王(Le Roi Soleil)』の異名を持つルイ14世にあやかった太陽のデコレーションが外観に施されています。
この外観、さすがに目を引くようで、通りすがりの観光客やパリジャンたちも足を止めて写真を撮っていました。

このブティックはバッグ・宝石の他に、ドレスをオーダーメイドできるスペースがあるそうです。
ヴィトン好きな方にとっては、パリの新しい観光スポットになりそうですね。

パリ観光の日本語オプショナルツアーなら『パリ観光通訳ガイド ドットコム』 
この記事担当のパリスタッフ:パリ左岸の街歩きならMasami
 

皆さんおはようございます!

今日のパリの天気は晴れ、最高気温25度、最低気温13度と予想されています。
昨日に引き続き、観光日和となっています!


本日も『パリ観光通訳ガイド ドットコム』パリオフィスよりパリ観光に役立つ情報をお送りします。
皆様のパリ観光のお役に立てば幸いです。

● 閉鎖されているパリ市内の駅

- 4番線:
工事のため11月26日まで、レオミュール・セバストポル( Réaumur-Sébastopol) 駅は閉鎖されます。

- 12番線:
工事のため11月30日まで、トリニテ・デティエンヌ・ドルヴ (Trinité-d'Estienne d'Orves) 駅は閉鎖されています。

- RER C :
工事の為12月31日まで、ポン・ドゥ・ラルマ (Pont de l'Alma) 駅は閉鎖されています。


本日もお気を付けて楽しいパリ観光にお出かけください!
素晴らしい一日となりますように。

パリ観光の日本語オプショナルツアーなら『パリ観光通訳ガイド ドットコム』パリオフィスより

皆さんおはようございます!

今日のパリの天気は晴れ、最高気温26度、最低気温13度と予想されています。
本日の日中は、夏のような気温で晴天なので、観光にはもってこいです!


本日も『パリ観光通訳ガイド ドットコム』パリオフィスよりパリ観光に役立つ情報をお送りします。
皆様のパリ観光のお役に立てば幸いです。

● 閉鎖されている駅

- 4番線:
工事のため8月28日~11月26日まで、レオミュール・セバストポル( Réaumur-Sébastopol) 駅は閉鎖されます。

- 12番線:
工事のため11月30日まで、トリニテ・デティエンヌ・ドルヴ (Trinité-d'Estienne d'Orves) 駅は閉鎖されています。

- RER C :
工事のため12月31日まで、ポン・ドゥ・ラルマ (Pont de l'Alma) 駅は閉鎖されています。



本日もお気を付けて楽しいパリ観光にお出かけください!
素晴らしい一日となりますように。

パリ観光の日本語オプショナルツアーなら『パリ観光通訳ガイド ドットコム』パリオフィスより

パリ6区を歩いていたら建物の壁に鮮やかな赤色を見つけました。
紅葉のグラデーションが街の景観と相まってとても綺麗です。


パリでは10月から11月にかけて紅葉シーズンとなり、リュクサンブール公園のイチョウの木も一斉に黄色になります。
見渡す限り黄色の景色も壮観です。
パリ観光にちょっと疲れた時に足を運んでみててはいかがでしょうか。

パリ観光の日本語オプショナルツアーなら『パリ観光通訳ガイド ドットコム』 
この記事担当のパリスタッフ:パリ左岸の街歩きならMasami
 

皆さんおはようございます!

今日のパリの天気は晴れ/曇り、最高気温21度、最低気温15度と予想されています。
最高気温はビアリッツ(Biarritz - スペインとの国境地域)で29度まで上がるようです。
週末も暖かい日が続くようで、“8月のような気候”と報じられています。

本日も『パリ観光通訳ガイド ドットコム』パリオフィスよりパリ観光に役立つ情報をお送りします。
皆様のパリ観光のお役に立てば幸いです。


●閉鎖されているパリ市内の駅

- 4番線:
工事のため8月28日~11月26日までレオミュール・セバストポル( Réaumur-Sébastopol) 駅は閉鎖されます。

- 12番線:
工事のため11月30日までトリニテ・デティエンヌ・ドルヴ (Trinité-d'Estienne d'Orves) 駅は閉鎖されています。

- RER C :
工事のため12月31日までポン・ドゥ・ラルマ (Pont de l'Alma) 駅は閉鎖されています。


●フランス注目のニュース

パリを歩いていると、ジョギングをしている人をよく見かけます。
最近流行っているのは、グループでのジョギングです。
会社でも従業員早朝ジョギングを取り入れているところがあったり、ビオのスーパーのfacebookでジョギングをする仲間を見つけるサービスを提供していたりするようです。
ジョギング紹介インターネットサイト(Envie2Courir)の責任者であるメルシエさんによると、グループ・ジョギングには次の3つの利点があるようです:
1)モチベーションがを保てる(天候の良くない日でも他の人と約束しているので実行する、など)
2)ジョギングのキャパシティーが上がる(自分より走れる人と一緒に走ることによって、自分のジョギングレベルが上がる)
3)出会い(普段の自分の行動範囲以外の人ともジョギングを通じて知り合うことができ、走っている間のおしゃべりをすることによって、友達の輪が広がっていく)

1)や2)の利点は納得いきますが、3)はなんとなくフランスっぽい感じがします。
日本人のジョギングというと、個人で黙々とストイックに走るという感じがしますが、フランスだとジョギングでも出会いを求めている人が結構いるのか、と少し軟派な感じに思えてしまうのは私だけでしょうか?

15日の日曜日には、パリ市内でショート・マラソンが行われる予定です。
オペラ界隈もコースの一部に入っているので、観光の際に目にする方もいるかもしれませんね。


本日もお気を付けて楽しいパリ観光にお出かけください!
素晴らしい一日となりますように。

パリ観光の日本語オプショナルツアーなら『パリ観光通訳ガイド ドットコム』パリオフィスより

ルーブル美術館に人だかりが・・・
何かと思って近くへ行ってみると外壁の工事中。
二人の職人さんがノミのようなものを手にし石壁に直接、渦巻きのような模様を掘っていました。

こういう工事の場合、すでにできたものをはめ込むのかと思っていたので、現場で一つ一つ彫っていくのをみて驚きました。
この外壁はこの先何年パリの景観にとどまっていくのでしょう?
現在では色々進んだ技術がありますが、パリの歴史的建造物の工事が手作業で行われているのを見て、なんだか少しほっこりした気分になりました。

パリ観光の日本語オプショナルツアーなら『パリ観光通訳ガイド ドットコム』 
この記事担当のパリスタッフ:パリ左岸の街歩きならMasami
 

『パリ観光通訳ガイド ドットコム』は2017年7月22日(土)から10月21日までの間、横浜および大阪梅田にてシニア向けフランス旅行無料相談会を順次開催いたします。
パリ観光のプロが街の魅力や現地最新情報のご案内、旅行準備のアドバイスなどをさせていただきます。
フランス旅行が決まっているお客様はもちろん、旅行をご計画、ご検討されているお客様もぜひご参加ください。

◆開催予定

●7月開催
7月22日(土)10:00-11:30 大阪梅田(グランフロント大阪 北館タワーB10階)

●8月開催
8月5日(土)13:00-14:30 横浜みなとみらい(横浜ランドマークタワー25階)
8月26日(土)13:00-14:30 横浜みなとみらい(横浜ランドマークタワー25階)

●9月開催
9月9日(土)13:00-14:30 横浜みなとみらい(横浜ランドマークタワー25階)
9月20日(水)10:00-11:30 大阪梅田(グランフロント大阪 北館タワーB10階)
9月30日(土)13:30-15:00 横浜(横浜そごう9階 市民フロア)

●10月開催
10月7日(土)13:30-15:00 横浜(横浜そごう9階 市民フロア)
10月21日(土)10:30-12:00 横浜(横浜そごう9階 市民フロア)

■旅行相談会概要■
長年フランス観光のお手伝いをしてきたプロの通訳者が「大人のためのパリ観光情報」をご案内します。
パリに現地オフィスをもつ通訳会社ならではの情報の新しさと正確さが、シニアのお客様に向けた安心と信頼のポイントです。
また、特定の旅行代理店のツアーセールスを伴わない催しとして、フランス観光業界全体の発展に貢献して参ります。

●予定内容
1.パリ観光これだけは押さえておきたいポイント
2.これは便利!長旅のフランス旅行だから是非持って行きたいもの
3.楽しく旅するためのコミュニケーション裏ワザ(フランス語プチ講座)
4.こんなこともできるの!? 観光通訳ガイドを活用すると旅の可能性が拡がります。
5.お客様ご質問タイム

旅行相談会は無料・予約制です。お席に限りがございますので参加ご希望のお客様は必ずご予約をお願いいたします。満席でご予約をお受けできない場合もございますので予めご了承ください。
スタッフ一同、ご来場を心よりお待ち申し上げております。

パリ観光通訳ガイド ドットコム スタッフ一同
ディズニーランド・パリへ行ってきました。


パリ市内からRER Aに乗って30分ほどで到着。
ディスニーランドとディズニースタジオの2つが併設されていますが、今回はランドのみ。
天気も良く、ヴァカンス・スコレールの地域もあるせいか、かなり混み合っていました。
また、ヨーロッパで唯一のディズニーランドであるため、フランス人だけでなく近隣の国々の方達も多く訪れていました。


日本のディズニーランドに比べると規模が小さいので、日本から来られた方には少し物足りない感じがするかもしれません。
でも、待ち時間は混んでいると言っても日本に比べると格段に短いです(長くて1時間ほど)。
子供達もここではおとなしく並んでくれます。

朝の10時から夜の11時までいましたが、子供は1日中笑顔が絶えず満喫していました。
やはりディズニー・マジックはすごいですね。
帰りは、そのマジックが切れてしまったせいか、電車の中ではぐっすり眠っていましたが、、、。


毎回ディズニーランドへ行くたびに娘が集めている記念コイン
この先いくつまで増えて行くのでしょうか。
パリは、4月のヴァカンス・スコレール (*)が終わり、先週から学校が始まりました。
(*Vacances Scolaires=2週間ほどの学校のお休み。住んでいる地方によって開始・終了日が異なる。)

パリでも花見に行かれた家族が多かったようです。
人気の場所は、ソー公園 (Parc de Seaux)。

私は、どこかへ行って花見というのはしませんでしたが、パリ事務所の近くにも何箇所か桜を目にすることのできる場所がありました。


Luxembourg公園の桜


rue de Condéの桜


Square Honoré Championの桜

桜の花を見ると心が和みますね。



2011年5月からお客様にご愛顧いただいておりました『パリ自由時間倶楽部』は、2017年4月17日より『パリ観光通訳ガイド ドットコム』として新たに生まれ変わりました。

『パリ観光通訳ガイド ドットコム』は、お客様により身近に観光通訳サービスの楽しさを感じていただけるように、誰からも分かりやすいダイレクトな名称とさせていただきました。
なお、サービスロゴはフランス国旗とエッフェル塔をモチーフとした従来ロゴを継承いたします。

今回のリニューアルを期に弊社サービスの知名度向上と更なるサービスの充実に努力して参ります。
引き続きのご愛顧を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

『パリ観光通訳ガイド ドットコム』スタッフ一同
2月14日はバレンタインデー
フランスでは、日本のように女の子から男の子にチョコレートを贈るという習慣はないですが、恋人たちの日であることは同じです。

数年前までは、芸術橋 (Pont des Arts)の欄干の金網に恋人たちが自分たちの名前を書いた南京錠をかけて、その鍵をセーヌ川に投げ込んで永遠の愛を誓うということがありました。
南京錠の重さに耐えられなくなった金網が崩れて危険だということで、今は金網ではなくガラス板がはめられています。
でも、どうしてもこの場所で愛を誓いたいカップルはまだまだいるようです。
ガラス板に2人の名前を書いたり、橋の街灯の周りに南京錠がかかっているのを目にします。



さらには、この街灯の上部に南京錠をかけている強者カップルも。



でも、この芸術橋の南京錠は2008年くらいからで、そんなに古いものではありません。
私がパリに来た当初、20年ほど前には全く存在していませんでした。

古くからの恋人たちのスポットの一つといえば、”恋人たちの橋”と別名のあるマリー橋(Pont Marie)です。
マリー橋の下で願い事をしながらキスをすると、願い事が叶うという言い伝えがあります。

カップルでパリ観光をされる方は、一度試してみてはいかがですか。
日本ではお正月に、その年の幸せを願っておせちやお雑煮などを食べますが、フランスでも新年に食べるお菓子があります。

フランスでは1月6日の公現祭の日に、ガレット・デ・ロワ (Galette des Rois)という、パイ生地でアーモンドクリームを挟んで焼いたお菓子を食べます。
このパイの中には通常、フェーヴと呼ばれる小さな人形が1つだけ入っています。
家族でパイを切り分けて食べ、フェーヴが当たった人はその年一年、幸運が続くと言われています。
フランス版おみくじのようなものです。

1月に入ってからは、パリのパン屋やパティスリーの店頭には、このガレットがたくさん並んでいるのを目にします。
私も早速6日にガレットを買って今年の運試しをしました。



いつもGerard Mulotというお店でこのガレットを購入しているのですが、中に入っているフェーヴが毎年変わります。
今年のフェーヴは、金の王冠でした。



私が購入したパイはクラッシックタイプの小さいサイズですが、ピスタチオにドライフルーツタイプのものも出ていたりしてヴァリエーションも楽しめます。
おみくじの結果は、見事私がフェーヴを当てましたが、すぐに娘に取られてしまいました。。。♪. (*^-^)

このガレットは1月6日限定ではなく、月内はどこのお店にも並んでいます。
パリ観光の際に「ガレット・デ・ロワ」で今年を占ってみてはどうでしょうか。



旅先で見る「初日の出」もまた、普段と違い素晴らしいものです。
「パリの初日の出??」 そう思われる方も多いかもしれませんね。
エッフェル塔やモンマルトルの丘といった高台から見る日の出を想像される方も多いのでは?

でも実は、素敵な初日の出スポットはパリのど真ん中にあります。

ポン・デ・ザール(仏 : Pont des Arts)/芸術橋です。
橋の中心より少し左岸寄りからシテ島方面を見ると、まるで海から朝日が上るかのような光景を目にすることができます。
パリならではのパリでしか見ることのできない「初日の出」です。

2017年1月1日のお天気は晴れ時々曇りの予報、日の出時間は8時42分です。
ぜひ素敵な思い出にどうぞ。



マレ地区で先週の金曜日からエルメスのイベント『Hermès hors murs』が行われています。
日曜日は、雨でしたが外に入場待ちの長~い列が出きるほどパリっ子たちにも人気のイベント
エルメスの職人たちがその秘儀を披露してくるのを間近で見る、またとない機会です。
会場内にはビオでグルテンフリーの惣菜を提供しているLa Guinguette d'Angèleが提供するカフェ・スペースもあります。
入場は無料の期間限定イベントなので、この機会をお見逃しなく!


=参考情報=
サイト:http://lesailes.hermes.com/horslesmurs
場所:Carreau du Temple - 4, rue Eugène Spuller - 75003 Paris
日程:2016年11月18日~26日(22日休み)
時間:11時~20時(26日=11時~17時、18日・24日=11時~22時)





今年で4回目になる雪のイベントが、パリの6区サン・シュルピス広場で17日から始まりました。
屋外での小さなイベントですが、そりピストやシュミレーション・スキー、クロスカントリースキー体験、子供用雪遊びスペースなど体を動かすアクティビティがたくさんあります(多くは無料)。
中でも人気なのは、ほどんど直角降に見えるピストからゴムそりで滑って降りてくるBig Air Dunlopです。
体験している人も、見ている人も歓声をあげて、イベントが盛り上がっていました。
山岳地方名産物試食やロブロション・チーズのアトリエなどでお腹も満たしてくれます。

パリでは雪が降ることは少ないので、大人から子供までたくさんの人で賑わっていました。
近くにお越しの際にはのぞいて見てはいかがでしょう。

参考情報:
Saint-Germain des Neiges
・サイト:http://www.france-montagnes.com/saint-germain-des-neiges
・場所:Place Saint Sulpice、最寄駅=Saint-Germain-Des-Près駅、Saint Sulpice駅、Mabillon駅
・日程:2016年11月17日(木)~20日(日)
・時間:17日=14時~18時、18日=14時~19時、19日=10時~19時、20日=10時~17時



パリの地下鉄に乗ると目にするピンクのうさぎ
ドアの開閉時に戸袋に手が挟まれないよう注意を促すキャラクターです。

バッグス・バニーに少し似ていますが、名前はフランスっぽく『セルジュ』と言います。
1970年代後半に登場し40年ほど続くパリ市民お馴染みのキャラクターです。

写真のセルジュはスニーカーを履いていますが、旧デザインでは裸足だっため、子供に「外にいるのに裸足はおかしいよね?』と質問され、思わず笑ってしまったことも・・・
旧ヴァージョンのセルジュも、まだかなり残っていますので、パリ観光の地下鉄移動の際にはチェックしてみるのも楽しいかもしれません。
「いつの間にかいつものパン」をコンセプトに港区三田にオープンしたパン屋さんがブーランジュリー・コメットです。
実はこのお店、私たちとパリで観光通訳スタッフとして一緒にお仕事をしていた松谷さんが、ご主人様と日本に帰国後オープンしたお店なのです。


「フランスのように日常的にパンを食卓に取り入れてほしい、アットホームな接客でパンの食べ方を提案し毎日でも通っていただきたい。」
そんなお二人の思いのつまった可愛いお店です。
パリの名店「デュ・パン・エ・デジデ(Du pain et des idées)」で6年間修行したご主人様の作るパンは本物。
お勧めは「コメット(シンプルで食べ飽きない食事パン。北海道産小麦に米ぬかを加え、日本人の味覚や和食にも合いやすいようにアレンジ。)」「ピスタチオのエスカルゴ/季節のエスカルゴ(修行先の店の人気アイテムの渦巻状のデニッシュ。ピスタチオは定番でお出しし、季節のエスカルゴは旬の素材を使用し季節感を表現。)」とのこと。
素材は国産を中心に、風味豊かなフランス産小麦やバターを必要に応じて取り入れているそうです。


お近くにお越しの際は是非、本物のフランスの味をお試しいただければと思います。
店名:Comète ブーランジュリー・コメット
住所:港区三田1-6-6
電話:03-6435-1534
営業時間:火~土、10:00~19:00